たこのぶろぐ C:。ミ

C:。ミ C:。ミ C:。ミ

【Qtuo】ゲーミングキーボードとゲーミングマウスがコスパ最強だった【入門用に】

約2週間ほど前に書いたこの記事

ta-ko.hatenablog.jp

なんと、企業様からのレビュー依頼が舞い込んだという記事ですが、
実際に約2週間使い倒してみたのでレビュー記事を書かさせて頂きますm( )m

ということで今回レビューするのはこの2つの製品

Qtuo ゲーミングキーボード(ET I-800)

こちら記事執筆時点の価格は6,880円です。
ゲーミングキーボードとしては破格の安さ
しかし、お値段以上と感じさせるコストパフォーマンスでした。

私が愛用していたPFU Happy Hacking Keyboard Lite2 英語配列 USBキーボード ブラック PD-KB200B/Uよりむしろ打ちやすいと感じてしまっています(笑)
青軸採用ということでカタカタ音が心地いいんです。
なんか、カッコ良くなった気分(・∀・)
うるさいと思う人はうるさいと思いますがw

US配列な点と重量感安定性とても良いです。
また、テンキーが付いているのも地味に嬉しいです。
卒論でエクセルに数値入力しまくる予定なので...!!

怖いからしたくないけど水洗いも可能らしいです。
怖すぎるけど、マジで。

PCゲームをしない人(私のような人)にも十分おすすめできるキーボードです。

また、このキーボードは光ります
黄色にしたら見づらいって?ゴメンナサイ

光ります←

以下に書いているのが光のコントロール方法です。

FN+↑でキーの彩度UP
FN+↓でキーの彩度DOWN
FN+INSでイルミネーションパターン指定
FN+数字キーでキー点灯の指定
FN+HOMEでキー点灯のカスタマイズが可能。
任意のキーを押すと点灯するので、FN+ENDで点灯キーの確定。

もちろん消灯させることも出来ますよ! しかーし、残念な点としては、
周りの照明(左右上)が消灯できない点です。

私は、PCを基本スリープにしているので通電して常時光ってしまうんです(_;

こちらの解決方法としては、 モニターのUSBポートに差し込んで、PCスリープ時はモニターの電源をきることで対応しました。 参考までにどうぞ!

Qtuo ゲーミングマウス

こちらの記事執筆時点の価格は2,048円です。
こちらもコスパサイコーです。

無線式は電池の交換がめんどくさいので有線派です(笑)

形状が、手にフィットして使いやすいです。
ゲーミングマウス等を使ったことがないので感動しました(笑)
女性の方でも大きいということはないサイズ感です。
8年間くらいはトラックパッド一筋だったから...C:。ミ

また、私はMacユーザーですが問題なく使用できます!
しかし、ボタンマッピングツールがMacに対応していないので注意です。
Windowsから設定をすることでMacでの使用時にも適応することを確認済みです。

こちらのマウスの特徴としては、

ボタンで400-4000までDPI値を変更できる。
イルミネーションの色のコントロールができる。
ファイヤーボタン(一瞬で3クリック)搭載。
親指の5つのボタンが便利(ブラウザーの進む、戻る、Alt、Ctrl、Shift)
8個のウエイトがマウスにあり、取り外しをすることで自分用に微調整できる。

2000円でこのクオリティなら十分すぎる、高コスパ商品だと思います。

総評

とりあえず私のPCデスクはこんな感じになりました(笑)
(日付は気にしないで..w)

溢れ出る厨二感ww
でも、まあ、かっこよくね?ってことで、あの、察してください(;・∀・)

今回紹介した製品は、ゲーミングキーボード・ゲーミングマウス共に初心者には入りやすい価格です。
入門用としては、見た目もいいし、OEM製品なので安心して使えます
販売元のQtuoさんも丁寧なサポートをしていただいていて、アフターサポートも期待できます

ということで、
新しいキーボード・マウスを検討している方、どうでしょうか?
因みに、Macユーザーの方は右手にマウス左手にトラックパットが捗るので良かったらお試しあれ!

以上、商品レビュー記事でした!
就活も一段落してきたのでまた更新、頑張っていきたいと思います。

気になった方は↓のリンクからチェックしてみてくださいC:。ミ

[asin:B012FCVLIA:detail]